読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり闇鍋

自意識の墓場です

KIDSじゃなくなった私がSuchmosについて思うこと

平成生まれ、であることにちょっとした誇りを持っていたように思う。アルバイト先、合コン相手、就職してからは上司やクライアントから「えっ、平成生まれ!?」と驚かれるたびに、私たちは新時代の人間なんだとよくわからない特別感を抱いていた。 しかし、…

おんがく

1年以上ぶりの全感覚祭はめちゃくちゃに寒くて、厚着をしてこなかった私が悪いんだけど、いつまで経っても野外ライブという気分になれなかった。去年と同じところへ同じ人と来るなんて、実はものすごい奇跡のはずなのに、そんなことどうでもよくなるレベルの…

続・おばあちゃんが死ぬかもしれない

pup-chan.hatenablog.com おばあちゃんが死ぬかもしれない、を書いてからすぐ、危篤状態の連絡を受けて木曜日の最終新幹線で広島へと戻った。 モルヒネを投与されたおばあちゃんは、いつも夢の中にいるようだった。「あつい?」「痛い?」という質問にうなず…

おばあちゃんが死ぬかもしれない

「呉ばあちゃんが、大腸に穴があいてヤバい状態です。48時間もてば乗り切れるかも…と言われました。最悪の時は、連絡します」 広島に住むオカンからのLINEは、深夜2:59に届いていた。ディスプレイの右上を見ると朝の10:10。少し遅めの、いつもどおりの日曜日…